英語を習得しておこう

英語の必要性は、学校であれ職場であれ今後も高まりますので、じっくりと学習をする機会を設けて習得しておくことが望ましいと言えます。英語を習得していれば、多角的に情報を取得して多くのこと知ることができますし、人生を豊かにする機会に恵まれます。仕事やレジャーで海外に出かける機会もありますし、日常においても外国人と接する機会も多くあります。そんなとき英語でコミュニケーションできれば便利です。異文化を生で感じとり、視野を広げることができるので有意義です。英語を学ぶならさまざまな手段がありますので、都合にあわせて選択すると良いでしょう。例えばオンライン英会話サービスなら、スマホなどの情報端末さえあれば場所を問わずに学習できます。もし本格的に英語をマスターしたいのであれば格安の英会話教室に通って、ネイティブの講師から指導を受けることも可能です。

英会話スクール選びで重視されているポイントランキング

no.1

体験コースを必ず受けるのが重要

実際にレッスンを受けることで、講師との相性など教室が自分に合っているかを確認できるからです。

no.2

日本人講師がいるか確認すること

ネイティブの講師に加えて日本人講師がいることが重要です。日本語で質問できる環境があることが重要です。

no.3

通学しやすい立地の教室であること

通学に時間がかかると負担で辞めてしまいかねませんので、自宅や職場から近い教室であることが重要です。

工夫がある

文字

英会話スクールの料金は、学校ごとに異なっています。高いところでは月に10万円前後のところもありますが格安のところもあります。授業料が安いところだったら、月の料金は1万円のところもあります。このように安いからと言って、レッスンの質が劣るわけではありません。授業料が安いところはいろいろな工夫をして、料金を下げるようにしています。よくある例は広告費を少なくして、授業料を下げるところです。メディアに載せる広告料は決して安いものではないので、それを抑制すれば授業料を安くできます。入会金や教材費を低くして、トータルの料金を低くしているところもあります。例えば自分の学校で教材を作れば、教材費を低くするのは可能です。

講師の質に注意する

格安の英会話の学校に行く場合はまず講師の質に注意しましょう。どの学校でも採用試験を行って講師を採用しているので、講師の質が著しく劣っているわけではありません。それでもそれが教室ごとに異なっているのは事実です。一番確実は英語を教える公的な資格を持っている講師のいるところです。いくつかそのような資格があるのでそれを調べてから、自分の通うところを決めるようにしましょう。同時に自分でも体験レッスンを受けて講師との相性を調べる必要があります。

マンツーマンは役立つ

格安の英会話の教室の中には、マンツーマンの授業を実施しているところがあります。英語を早く上達させたい場合は、このような教室を選ぶのが適切な方法です。マンツーマンの授業は通常高いことが多くて、1回あたり5000円以上になることもあります。しかし格安の学校だったら、それが2000円から3000円程度で受けられるところがあります。入る時はグループの授業にしていても、いろいろ理由によってマンツーマンの授業を受けた方が良い場合もあります。そんな時に備えてマンツーマンの授業も受けられるところを選びましょう。

広告募集中